愛菜果

Greeting

ごあいさつ

代表取締役 西野 真

お客様に思いやりを持って
寄り添いながら支え
新しい価値を創造する。

 関西紙工株式会社は創業である前身「樽文」を含めると創業100年を経過しました。創業者から数えて私は4代目になりますが、先代の方達が紡いできたご縁に支えられ、今日までやってきました。先々代は「真剣」を社訓とし、どんな時も全力で真剣に物事に取り組んでいたと聞きます。先代は思いやりを持って接し、「お客様の社員になった気持ち」で物事を一緒に考える、縁の下の力持ちの想いを持って日々励んでおられました。AIやIT技術が普及し変わっていく時代の中、より人間としての創造性が求められる時代になるかと思います。私はお客様に思いやりを持って寄り添いながら支えていける、お客様に新しい価値を創造する。そんな想いを日々大切にしております。明治より続く知恵で資材を作り、お客様の大切な商品を検査・加工し梱包し、私たちの想いを乗せてお客様へお届けする。関西紙工株式会社は、思いやりを持ってお客様に寄り添い、自社の特徴をつなぎ合わせお客様へ、そして社会へ貢献できる企業を追求していきます。

代表取締役 西野 真
イメージ

愛菜果

会社概要

会社名 関西紙工株式会社
創 業 昭和25年 11月
代表者 代表取締役 西野 真
事業内容 パッキンケース、紙器、包装資材全般の販売
ビン・プラスチック容器の検査(医薬品)、化粧品パーツ検査・組立
シュリンク加工、各種アッセンブリー
従業員数 25名
所在地 【本 社】
 〒541-0046 大阪市中央区平野町2-2-6 シバタビル3階
 TEL 06-6222-1300(代表)  FAX 06-6222-1328
【東大阪センター】
 〒578-0905 東大阪市川田2丁目7番9号
TEL  0729-65-3375(代表) FAX 0729-65-3395
連絡先 MAIL:kansaishikou@ybb.ne.jp
資本金 1,000万円
取引銀行 三井住友銀行/大阪中央支店  鳥取銀行/大阪支店
代表者 代表取締役 西野 真
店舗イメージ

愛菜果

沿 革

明治時代 西野仁三郎が当地船場に於いて「樽文」として創業。道修町の薬種問屋を顧客として商って居りました。
戦前〜戦後 二代目西野勇当主の時、折しも太平洋戦争中の統制経済に伴い、中央卸売市場に統合。終戦後再び当地に戻り会社設立。
藁工品販売に力を注ぐ。
昭和25年
11月
関西藁工品株式会社設立
昭和36年
2月
関西商事株式会社に改称
昭和51年
9月21日
関西紙工株式会社に改称
昭和51年
12月8日
資本金1,000万円に増資
平成6年
10月3日
東大阪センターを開設
平成28年
10月
化粧品向容器の検査業務開始
平成29年
8月
エアーコンプレッサー導入
平成31年
10月
代表交代し、西野真が代表取締役に就任
令和2年
11月
半自動ラベラー機増台

愛菜果

アクセス

【本社】

【東大阪センター】

お問い合わせ
ページ上へ